女性とのLINEでのやり取り方法!モテない人は注意しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はメールではなく、「LINE」での女性とのやり取りが一般的になりましたよね。そんな中LINEを使ってのやり取りがまだまだ苦手な男性もいるようです。今回はLINEでの女性とのやり取り方法をまとめてみます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

女性と出会える人気のマッチングサイトPCMAX無料登録はコチラ(R18)


目次

1,LINEでは時間を置くことが大事
2,文章の長さはどれくらいが適切??
3,返しやすい文章が一番大事!
4,絵文字やスタンプはほどほどに
5,連続投稿はNG
6,会話の話題を広げておく
7,アフターケアも忘れずに
8,デートの後のLINEで相手の感情を紐解く
9,まとめ


 

1,LINEでは時間を置くことが大事

LINEでもっともやってはいけない行動が、「すぐに返信すること」です。LINEでの返信するまでの時間は人によってバラバラです。

しかしLINEを早く返信してしまっている人は、間違った解釈をしている人が多いです。

「返事を早くした方が相手は喜ぶ」

こんなことを考えていたらLINEも長続きしないし、相手にとっても迷惑になります。

 

急かされている!?

LINEをすぐに返信してこられると、女性側からすると急かされている気分になります。彼氏彼女であればいいですが、知り合って間もない異性とのLINEは、文章も考えなければいけないし、それなりに神経を使います。

社会人であれば仕事もしているだろうし、女性がLINEを送って10分もせずに返信されれば、送るのが少しずつ億劫になってしまいます。

ですので出来れば1日に3通~5通くらいを目安に送るといいでしょう。もちろん一番大事なのは相手の女性に合わせることなので、相手がすぐに返信してくれば少し多めでもOKです。

 

女性側に追いかけてもらう

LINEですぐに返信をしていれば、男性側が追いかけている立場になってしまいます。女性にもよりますが、一般的にはまだ交流が浅い場合女性は「男性を追いかけたいもの」です。

あまり時間を置かずにLINEを送ることで、自然と立場に上下関係が出来てしまうので気をつけましょう。

かと言って、冷たすぎるのもよくないので、相手が返信に掛かる時間と同じか、それよりかもう少し時間を置いてから、返信するのが一番いいです。

 

2,文章の長さはどれくらいが適切??

文章の長さはどれくらいが適切??

LINEでのやり取りで悩むのが、「文章の長さ」ですよね。

自分では普通だと思っていても、取る人によっては「短い」と感じる人もいます。これは人によって捉え方がバラバラなので、難しいところです。

 

女性に合わせる

基本的な考え方としては、女性側にあわせることが大事です。相手が10行で送ってくれば10行程度で返すし、3行で送ってくれば3行程度で返す考え方でOKです。

ダメなのは3行で送ってきたのに、1行で返すというやり方。これは「やる気がない」と思われてしまうので、絶対に避けましょう。

それとは反対に、3行で送ってきて10行で返信するというやり方。これも相手は凄く困るので避けるべきです。

 

長い文章はなぜダメなの?

「文章が多いのは返しやすいし、いいのでは?」と考えるかもしれませんがそれは違います。

長すぎる文章は相手の女性にとってストレスになります。

「長すぎるLINE」は小さなプレッシャーを相手に与えてしまいます。そこまで深く考える人はいないですが、心のどこかで「せっかく長い文章を送ってくれているのだから、もう少し長文にしなければいけない」という小さなプレッシャーが生まれています。

これが積もっていけばLINEをするのが面倒になってきて、返信時間がどんどん遅れていきます。それまでに親密な関係になればいいのですが、まだ距離がある場合はそのまま連絡が途絶えることもあります。

相手の事を考えるのであれば、大事なのは長文ではありません。

 

3,返しやすい文章が一番大事!

LINEのやり取りで一番重要なのは、「相手が返信しやすい文章を送る」ことです。3~5行くらいで文章を構成する場合でも、必ず疑問文を挿入するのが重要です。

 

疑問文の入れすぎに注意

ただし、疑問文は入れすぎないようにしましょう。質問のしすぎは相手側が引いてしまう可能性があります。さらに疑問文を返すのに一杯一杯になってしまい、「あなたのことを何も聞いてこない」という現象が生まれます。

私も何度か経験があるのですが、疑問文に対する返答だけで3行程度の返信が埋まってしまい、こちらに対して何も質問してこなくなります。これの何がいけないかというと、自分だけが盛り上がって相手との温度差ができるところです。

勝手にこちら側が質問の答えをもらって満足してしまい、自分では会話が成り立っているつもりでも、実際女性側はつまらなくなっている可能性が高いです。

やはり適度な質問をして相手にも質問させるように仕向けて、一方通行でない会話のキャッチボールをする必要があります。

 

相手の興味のある話で盛り上がろう

自分の好きなことを話すのも大事ですが、やはり女性側が興味のある分野での会話が、盛り上がりやすいです。女性側の趣味が「小説を読むこと」であれば、自分が知らなくても興味を持ってあげましょう。

「へぇー小説読むんだ。小説は前から読んでみたいと思っていたんだけど、何かオススメの小説とかある??」

このように仮に女の子の趣味に知識がなくても、興味があることを示すことが大事です。相手が自分の好きなことに興味を持ってくれれば、間違い無く女性は嬉しく思います。

 

4,絵文字やスタンプはほどほどに

LINEは昔のメールソフトとは違って、可愛いスタンプや絵文字が増えました。しかし男性であれば使いすぎないようにしましょう。特にわざわざダウンロードまでして使っていると、女性からすれば少し引いてしまいます。

「OKマーク」のようなスタンプを使うくらいはいいですが、むやみに可愛いスタンプを使うと「変な人」と思われてしまいます。

仲良くなってからならまだいいのですが、知り合って間もない時は注意です。相手の事を良く知らないのに、男性が可愛い絵文字を連発したらどう思いますか?

絵文字やスタンプは適度に使うようにしましょう。

 

5,連続投稿はNG

連続投稿はNG?

返信が帰ってこない場合にやってはいけない行動が、「LINEでの連続投稿」です。

「何してるのー??」
「返信ないけど、忙しいの?」

返信がなければ心配になって、送信したくなる気持ちは分かります。けれどそこはグッと我慢してください。大抵返信がないということは、何かしていて忙しい場合です。

催促のLINEは心に余裕がない、モテない男性にありがちな行動です。女性側からすれば幻滅したり返信が面倒になってしまいます。何か用事があって連続でLINEする場合はしょうがないですが、それ以外はいいことがないのでやめておきましょう。


関連記事
女性からのLINEの返信が「返ってこない」、「遅い」理由が知りたい!


 

6,会話の話題を広げておく

LINE上でのやり取りはとても重要です。特に初対面であれば「LINEでどれだけ会話を広げておけるか」がポイントになります。女性との出会いに慣れている方であれば心配いりませんが、不慣れな男性ですといざデートした時に、会話が出来ない場合があります。

「あれ?何を喋ればいいんだろう??」

私も口下手なのでこういった経験をよくしました。このとき役に立つのが、LINEでのやり取りです。

相手の事を前もって知っておけば、会話をする内容も豊富に出てきます。LINEで趣味の話であったり、好きなことなども聞いておきましょう。

ある程度の情報を知っておくことで、いざ会って会話に困ったときでも、趣味の話を積極的に聞くことができますからね。


関連記事
付き合う前の初デートでおすすめデートスポット!人気の場所は?


 

7,アフターケアも忘れずに

デートが終わったあとは、LINEでのアフターケアも忘れずにしましょう。

「今日は楽しかったよ、ありがとう!」
「もう家ついた?また遊ぼうね♪」

などのようにデートの後にLINEをするのは、最低限のマナーです。仮に好みの女性でなかったとしても、相手を傷つけないように一言は最低送るようにしましょう。

 

8,デートの後のLINEで相手の感情を紐解く

デートの後のLINEで相手の感情を紐解く

デートが終わって、LINEを送ります。その後のLINEでのやり取りで、相手が自分をどのように思っているか大体分かります。

 

会った次の日からLINEの行が極端に短くなる

あきらめましょう。これは脈がなかったということです。何度LINEを送っても変わらないので、気持ちを切り替えて新しい出会いを探すべきです。

 

次のデートの約束ができた

1度目のデートのあとに2度目のデートにも誘ってみましょう。このときに次の約束ができれば上手くいく可能性がかなり高くなります。

 

次の約束をはぐらかされる

よくあるのが、

男「また遊ぼうね!」
女「いいよー!」
男「次はいつ空いてるー?」
女「しばらく予定が入ってて・・・」

こういったやり取りです・・・

男性からすれば本当か嘘か分からず、何とも言えない感情がこみ上げてきます。しかし私の経験上こういった返答をする場合は、上手くいく可能性は限りなく「0」に近いです。

本当に忙しい可能性もありますので難しいところですが、期間を空けて2回くらい誘ってみて下さい。

同じような答えでしたら諦めて、次の出会いを探しましょう。

 

次は団体で会おうといってくる

2回目のデートを合コンのような形で会おうとするのも、あまりいい手ごたえはありません。

ちなみにまだLINEでのやり取りのみで、最初に会うのを団体でお願いしてくるのは問題ありません。普通に緊張するからでしょう。

あなたと一度会ってるのに、その後に合コン形式にしてくるのは、おそらく女性はあなたには興味がないけど、出会いが欲しいから「あなたの友達目的」に切り替わったことを意味しています。

 

女性からの返信がない

何も考えずに次の出会いを探しましょう・・・

 

9,まとめ

LINEは女性との連絡を取り合う上では必須のツールとなっています。小さなことですがLINEでのやり取りというのは、その後の恋愛が「上手くいくか」「上手くいかないか」を左右する力があります。

出会う前や出会って最初の頃は、相手の事が分からず、LINEの文章のみで判断することになります。それを通り越してもう少し仲のいい関係になれば、「LINEのせいで上手くいかない」ということは無くなります。

しかしお互いを知るまでのLINEのやり取りは、非常に重要なので注意するべきです。本当のあなたを知ってもらう前に、出会いが失敗するのはもったいないです。

LINEでの最低限度のやり取りの方法を頭に入れておいて、最初の関門をクリアできるといいですね。

 

20代が多く集まる「PCMAX」

最近はスマホの影響で、「PCMAX」を使って出会いを求める男女が急上昇しています。 無料で登録できるので、まずはどんな女性かいるのかチェックしてみるのもいいですね。

PCMAXは業界大手で使っている人も多いので、マッチングサイト初心者でも安心して利用できます。若い女性が多いのもオススメポイント!

・運営会社:株式会社 マックス
・ユーザー数:800万人
・登録費用:無料
・費用:女性は無料、男性はポイント制(目安/メッセージ1通50円)
PCMAX公式サイト(R18)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*